消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録〈断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行〉Give yourself a consumable gift

ストレスをビューティーに変換

昔はストレスがひとつあったら、美味しいものを食べるというキエモノで乗り切っていましたが、ダイエットを始めてからはそれはやめました。
その代わり、ストレスがひとつあったら、ビューティー消え物をひとつ消費しています。
そのため、ヘアサロンでのカットとトリートメントは別日にしておいて、イラっとしたことがあったらトリートメントの予約を入れます。仕事の後にラクーアに行ってアカスリをしてもらうこともありますし、ジムにあるエステに飛び込みで行くこともあります。
いずれも必ずプラスの結果になるので気が紛れます。