消え物語り

消え物活動〈モノ消費からコト消費への移行の記録〉と中年の断捨離記録

今、自分は何に関心があるのか。

新しいジャンルの本に挑戦したくて大きい本屋さんをウロウロ。気づいたら90分もいました。これといった趣味もないので、先ずは関心を持つことが大切ということでいつもは立ち寄らないジャンルを積極的に眺めました。
ひとつはストレス対処のカウンセリング系、これは響きませんでした。元々ストレスがあっても向き合うのではなくて、逃げるタイプなので読んでいて難しかったです。
もうひとつは短歌です、どうやら有名な現代の歌人さんがいるようですね、同じ名前の本がたくさん並んでいました。でも買うには至らず。それにしても短歌や俳句はお得な趣味ですね、自分の脳から溢れる言葉をアウトプットするのですから材料要らずで、ゴミゼロ。地域ごとにお教室やサークルなどもあるでしょうから気の合う仲間も増えるかもしれません。これは長いスパンで検討します。

結局、本日は新しいジャンルには手を出さず、書評で評判の良かった小説を二冊買って終了です。感想はまたの機会に。