消え物語り

消え物活動〈モノ消費からコト消費への移行の記録〉と中年の断捨離記録

ニットを二着処分するコツ

このタイトルはもう見飽きましたね。もう読まずともお判りだと思います。が、備忘録として書きます。

26日からセールが始まりましたが、わたしは混雑を避けて本日行きました。たいした服はもう残ってないかと思いましたが、どストライクのニットに出逢えました。日本人女性デザイナーのブランドでネイビーとホワイトの細かな編み込みと、腕の可動域を考慮したアームの縫製が素晴らしく、よくぞ残っててくれました!とニンマリしてしまいました。小さいサイズでしたがふんわりとしたフォルムなので問題無し。BNY銀座はベーシックからアグレッシブまで幅広いデザインの服を網羅してるので買物がしやすくて好きです。
帰宅して早速ニット2着を処分しました。でも「買ったから処分しなくちゃ」と躍起になったわけではなくて、自然と古い服に愛着が持てなくなった感じです。なんというか断捨離フレームにうまくハマってきたなと思います。