読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消え物語り

消え物活動〈モノ消費からコト消費への移行の記録〉と中年の断捨離記録

MWAMnoTWOFT2016

判る人には判るが判らない人には全く判らない。わたしも勿論、判らない側ですが、熱心なMWAMファンである友人にお願いしてLIVEについて行きました。

開催2ヶ月以上前にCDを借りたは良いのですが、我が家にはCDからiPhoneiPodに曲を取込む術がないため通勤中に聴けず、家事しながらホームシアターのCD再生機能を利用して曲を聴きました。そのせいにするつもりはないですが、年齢のせいにしたくもないですが、なかなか曲が頭に入ってこないのです。歌詞に英語が多めに使われているのでその辺りが特に。で、サビとかに日本語が入るところだけ暗記。そんな不安な状態のまま当日を迎えましたがどうにか楽しめました。

それにしてもコンサートというのは「コト消費の聖地」ですね。Tシャツとマフラータオルを買うのはマストとして、ぬいぐるみやショッピングバッグなどそこでしか買えない限定グッズ(これはモノ消費になってしまいますね)、記念撮影スポットなる展示物や、ファンクラブ会員だけができる抽選会、アーティストとコラボした唐揚げ的なホットスナックや、荷物を預けるコインロッカーなど。とにかくお金を使うゾーンだらけで、開演時刻が夕方であっても、朝から楽しめるように作られているのです。しかもファンの方々はその消費を心から楽しんでいらっしゃる。モノは増やしたくないし、夢中になれるものがない、というわたしと真逆な空間を体験し、なんとも勉強になった一日でした。