読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消え物語り

消え物活動〈モノ消費からコト消費への移行の記録〉と中年の断捨離記録

虹蔵不見

昨日、会社を定時退社し向かった先は六義園です。ただいま紅葉のライトアップがされていますのでぜひとも見たくて。まず入園料が300円って安いです。(それに比べると京都はどこを見るのも高いこと)さて、歩き始めると紅葉や雪吊りや竹林がライティングで照らされています。照らされた建物が池の水面に鏡のように反射されていてとても綺麗です。ライトアップの写真を撮ろうと、普段使わないGRⅢを持って行き絞り優先モードなど試しましたがブレちゃって難しいですね。結局オートモードで撮影したほうがうまく行くのが悲しい。もっとカメラの勉強をしたいものです。庭園のライティングは基本、下から見上げるように照らすスタイルが多いのですが、1カ所だけ違った趣向の場所がありました。湿地のような場所に定期的にスモークを吹かせてそこにブルーのライトを照らします。とても幻想的です。この季節は虹蔵不見と言われていますが、冬の虹を見れた気分です。

teien.tokyo-park.or.jp