消え物語り

消え物活動〈モノ消費からコト消費への移行の記録〉と中年の断捨離記録

GWは近場で楽しむ(5)きたる50代ファッションを考える

50代が見えてきましたので、ファッションについてついつい考えてしまいます。「何を着たら良いかわからなくなってしまう」と聞くからです。

ということでまずは調査。わたしがお世話になっているネイリストさんは50代の顧客もいるそうなので、彼女たちがどのようなファッションをしているかをヒアリングしました。その人たちは都会の真ん中に暮らしたり、世界的アパレル企業に勤めていた経験があったり、自由な時間が持てる生活だったりと、おしゃれの土壌はしっかりしているのでとても参考になります。

さて、彼女たちはみな服は非常にシンプルだということ。ただ、スニーカーは履かず、アクセサリーもちゃんとつけていて「ラクしてない」とのこと。なるほどと言うか、やっぱりと言うか。わたしは冷えとり靴下を言い訳にラクな靴ばかり履いてるからそこからすでに老けて見えるんですね。でも靴下やめたくないし!

そこで、ネイリストさんからアドバイスを頂戴しました。

  1. せめて襟元や手首など肌を見せるようにして抜け感を出す
  2. おしゃれ感はアクセサリーで表現する
  3. 真っ赤な口紅を塗るなど攻めてるポイントを作りトレードマークにする

これは的を得ています。なるほどと唸ってしまいました。そしてネイルサロンの後にデパート行ったのは言うまでもありません。