消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録〈断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行〉Give yourself a consumable gift

ひとりでライブに行く

ジムのトレッドミルで走るときはYouTubeを観る派です。聴くだけでは飽きてしまうので観ながら走るというのは時間があっという間に経過するので助かっています。

その中でも、踊れるような曲は走るリズムと合うのでそういった曲が多いアーティストはとても嬉しくて楽しくなります。と言うことで最近はFREDERIC(フレデリック)ばかり観て走っています。そして折角なのでライブに行ってみようと新木場まで行って参りました。まさか40歳代後半でひとりでライブに行くとは…。人生まだまだ挑戦することがあります。幸い、1年前に「オールスタンディングのライブでの1日の流れ」は体験しておいたので

cameda2015.hatenablog.com

 会場外にロッカーがたくさんあるとか、入場はザックリとしたブロック番号が叫ばれてそれに従うだとか、実は会場内にも少しはロッカーがあるが空きが少ないとかは予測対応できました。

しかし入場時に「別途ドリンクチケット代を支払う(必須!)」は盲点でした。【コンサート会場】と【ライブハウス】は違うんですよね、500円硬貨を持っててよかったです。入り口に人が押し寄せるなか「10000円札しかなくてお釣りを… 」とかになっていたらと思うとゾッとします。ご参考までに、アルコールは500円のチケットでは不足で差額が発生しますし、チケットで300円のミネラルウォーターを選んでもお釣りは貰えません。そうゆうものです。

さてライブの感想ですが「行って良かった!」もうこの一言につきます。楽しくリズムに乗れる曲ばかりで思わず体を動かしたくなります。特徴的なリズムのところで観客の手拍子がピタッと合うのも気持ちいい。攻撃的な歌詞はないので聴いていて心地良いです。私と同世代の観客はまったく見当たりませんでしたが、私たち世代こそ楽しめる曲が多いのではと思います。
フレデリック「リリリピート」Music Video / frederic“Rererepeat”
フレデリック「TOGENKYO」Music Video
フレデリック「オドループ」Music Video | Frederic "oddloop"
<TVアニメ「恋と嘘」OPテーマ>フレデリック「かなしいうれしい」Music Video

frederic-official.com