消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録〈断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行〉Give yourself a consumable gift

衣替えで断捨離(2)

2年前は調子良く断捨離していましたが最近は停滞気味でした。衣替えのタイミングで服を見直したりしていますがやはり処分するのは気がひけます。特別気に入った服でなくても他人様から見たら「それで十分じゃん」って感じの服が多いのです。たまに「消化試合」的に二軍の服を着ていると褒められたりして迷いが生まれてしまいます。もしかしたら好きじゃなくても似合っているのでしょう。それはそれでありがたい話なのですが…。

cameda2015.hatenablog.com

だいぶ日数が経ってしまいましたが服日記は1ヶ月ほどつけてみたところ、着用頻度が明確になりました。 やはり「乗り気じゃない服」があります。私にとってそういった服の特徴は、安かったけどそう見えないと思っていた服とか、トンがってる「風」の安い服とかです。もう年齢がそうなんでしょうね。「高見え服」だとか「プチプラとハイクラスをコーディネートして」とかしても私が着ると安いのがバレバレです。冒頭に書きました通り、自分では二軍扱いしていてもクオリティが良い服は、現に褒められているわけですし…。

ということで、五着(結果的にプチプラ服)と一足を処分しました。