消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録〈断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行〉Give yourself a consumable gift

手帳活用してますか

もちろん自分への問いかけです。正直活用できてません『でした』。というのも自分自身でプロジェクトめいたことを設定したところでモチベーションが保てなくて結局手帳は真っ白です。そんな『でした』という状況でしたが、1年ぶりに地域参加の役割を受け持ちましてその案件が常に8件ほど並行している状況になりました。こうなると宝の持ち腐れだった手帳が復活です。我ながら「自発的に取り組むよりも言われたことを精一杯頑張る」という典型的な雇われ体質なんだなあと、痛感しています。

さて、私が使用している手帳はダイゴーのアポイントダイアリーで、これほど今の状況に適した手帳はまだ出会っていません。ちなみに今年と昨年で少し異なるものを使っています。特徴は下記の通りです。

  • 2018年利用 プロジェクト20項目のページとマンスリーページが交互に表示(魅力は全てが大きな文字で書き込めるし余白が多いこと。)
  • 2017年利用 プロジェクト10項目とマンスリーが上下分割されて同じページに表示(魅力は、全てが見開きで確認できるし後半にフリーページがあること。)

さてまだ9月ですが、そろそろ1月以降の予定も記載しなければならなくなってきましたので来年はどの手帳を買うか検討しています。今のところ「仕事はルーティーン・プライベートはプロジェクトが複数並行」パターンが継続すると想定して(どう間違っても仕事ではプロジェクトを複数かかえる立場にならないし)2017年に利用したタイプと同じにします。

2019年1月始まり プロジェクトダイアリー Project Diary E1688Y Aタイプ 薄型 B6対応 ブラック | 2018年4月始まり手帳 | 手帳(ダイアリー)のダイゴーオンラインショップ

 

cameda2015.hatenablog.com