消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録<断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行>のはずだった記録

見過ごしていたダイエットの基本2

良く噛んで食事量を減らせば体重が減ることは実証済みですが、この食事量を減らすのが難しいのです。

なぜ食事量を減らすのが難しいのか、それはついお菓子を食べてしてしまうから。

なぜついお菓子を食べてしてしまうのか、それは近所のコンビニなどで簡単に手に入るから。

なぜお店に行ってまでお菓子を買ってしまうのか、それは食欲のせいではなく気分転換としてお菓子を食べたいから。

なぜ気分転換をしたいのか、それはストレスがかかる仕事や出来事が発生したから。

なぜストレスがかかったのか、それは納得はできないが我慢して対処しなければならない案件だったから。

でも、仕事すべてがストレスってことではありません。現に好きな仕事だと平気で2時間くらいPCとにらめっこして没頭しています。逆に苦手な仕事だけど我慢して対応するときなどは、お菓子を食べてから挑んだりしています。プライベートでも同じです。ただ家事をしているだけで「我慢する」ことなんてありませんが、納得できないけれど仕方なく我慢して参加する行事予定などの話題になると途端にお菓子に手が伸びます。

つまり私は「我慢すること」にストレスを感じて、そうなると「お菓子を食べる」ことがわかりました。なので自分が「我慢している」と感じたときにお菓子を食べないでフルーツやヨーグルトなどに置き換えるよう意識して対処していけば改善されると思います。自分の状況と感情を俯瞰して見ることができればうまく行くでしょうね。

よくダイエットするときに「そもそもストレスがあると成功しない」と聞きますがホントその通りです。