消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録〈断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行〉Give yourself a consumable gift

お気に入りのインテリア(1)

以前住んでいた家にはキッチンと向かい合うかたちでハイカウンターが備え付けてありました。カウンターは知らず知らずのうちに物置化してしまう人もいますが、私は物は一切置かずに下記のように使っていました。

  • 朝食
  • 休日のランチ
  • 夕食後にお酒を飲みながらPCを開いたり家計簿をつけたり
  • 人を招いたときは料理組・ソファ組・カウンター組と程よく分散

我ながら上手に活用できていた理由は、お気に入りのハイチェアを買ったことだと思います。その椅子が視界に入ると座らずには居られないほど気に入っていました。バーやカフェで同じ椅子を見かけると(家にもあるのに!)ついその席に着いてしまうほど好きなのです。

tabroom.jp

勿論このチェアは引越の断捨離にも負けずに今の家にも持って来ましたが、カウンターの無い家では定位置が見つからずウォークインクロゼットの中にしまってあります。それはそれでまあいい感じにはなっているのですが、やはり本来の椅子として活用したく、椅子に見合うテーブルを下記条件で探しました。

  • 座面の色と同系色であること(リンク画像の革張り以外に数種あります)
  • 軽いこと(この椅子が結構重いので同シリーズのテーブル以外の商品)
  • 大きすぎないこと(自分ひとりで楽しめるサイズ)

そしてこのたび発注しました。受注生産との事で届くのはしばらく先ですが今からとても楽しみです。