消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録<断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行>のはずだった記録

消え物の定義

2014年から始めたこのブログですが、2020年のコロナをきっかけに棚卸しができましたので定義を更新します。そして今の状況とズレてきた記事は非表示にしました。

このブログの消え物の定義は「家に物を増やさない消費のすべて」とします。そして絶対に守ることは「太らない」こと。となるとこんな感じになりそうです。

  • 服靴(総数は増やさず)
  • 食事
  • 運動
  • 美容
  • 別荘
  • 読書
  • 旅行
  • 音楽
  • 投資
  • 鑑賞

今回の見直しで興味からはずれたのは観戦・観劇・映画です。「2時間近く定位置に座る」ことが苦手だと気づきました。


 

ユルっとオシャレな服あります

もう長い期間、オーバーサイズのファッションが流行っています。身体のラインを隠すので喜ばしいことです。実はここ1年くらい気になっているブランドがありまして、勿論こちらもオーバーサイズでしかもワンサイズのみ展開。大きい人も小さい人もそれぞれサマになる不思議で魅力的なブランドです。

とは言っても自分が着てもサマになるかはわかりません。数ヶ月前に痩せてからオーバーサイズの着こなしが逆に難しくなったのです。理由はよくわからないですがとにかく似合わない。なのでこの気になっている服も試着をしてみたいのですが、ネットでは即買えそうなのに扱っている実店舗が近所になく、ダメ元だ〜とネットで買うには安くない。なんてウダウダしていたら在庫している店舗情報を入手しました。

さっそくお店に向かいお目当てのオールインワンを試着したところ、リラックスできる柔らかい素材なのにクールな印象を与えるデザインで色は黒。素晴らしいことに顔まわりはスッキリなのに二の腕や背中のお肉はふわっと隠せて、ウエストはゴムと紐で調節できます。背中に工夫がされていてトイレも苦労しません。上から下までワントーンなので小物合わせ次第で記念日レストランからご近所カフェまですべてこれ一着で解決でき、まさに我ら中年女性を救う服だ!と興奮しました。

しかし・・・鏡に写ったわたしの着姿は「似合わない服を着ているオバサン」。計算しつくされたオーバーサイズ感もただただ大きい。こう見える原因は、低身長で痩せた身体が柔らかい布を支えきれず布がすべて下に落ちてしまうからです。デザイン素敵なのに、欲しいのに、でもわたしが着たら逆にブランドに迷惑かけそうなくらい似合ってない。

でも、似合わない原因が布の柔らかさだってことを瞬時に解明できたわたしグッジョブ!早速オールインワンと真逆でカジュアルですが、同じく気になっていたラガーシャツを試着しました。こちらも計算されたオーバーサイズのワンサイズ展開。素材は柔らかくも厚みがあるコットンでハリもあります。試着して見るとこれが我ながらいい感じ。手持ちと似たデニムをお借りして合わせて試着したところ、5歳は若返って見えました、決して若作りって感じではなくなんというかハツラツさが出たのです。ええ、もちろん即買いです。

結論、中年女性は試着が大事。面倒ですがそれを乗り越えると道が拓けます。

COGTHEBIGSMOKE OFFICIAL WEBSITE

 

お得基準

所用のため出かけたある日、時間潰しのために入った●タ●でラテを買ったらレシートに何やら書かれていました。レシートを持参すると同日中なら2杯目としてラテを216(店内220)円で買えるとのこと、もちろん別店舗可。ラッキー。用事が済んだら家の近所の店舗でテイクアウトして、おうち時間を楽しんじゃおうとウキウキして過ごしました。

さて、家の近くまで戻って来てふと思いました。ラテ216円を家で飲むのって、私にとってどれほどの価値があるのかな。家にはネスプレッソマシーンとカプセル(豆)5種類があります。1カプセルの価格は90円程度です。

2杯目が半額以下で買えるのは確かにお得だけどそもそもわたしが●タ●に行ったのは、出先でのスキマ時間を雰囲気が良いお店で美味しいラテをいただく、その時間と場所と飲食を総合した価値があったわけでその時に500円以上支払うことは惜しくもなく、自宅で飲むコーヒーに216円のテイクアウトはわたしにとってはお得ではない。

ちょっと前のわたしだったらこんなこと考えずにお得情報に飛びついていたのに、我ながらやっと「よく考える」ように成長したと感じた日でした。

ネスプレッソ コーヒーメーカー | コーヒーメーカー - ネスプレッソ

見過ごしていたダイエットの基本2

良く噛んで食事量を減らせば体重が減ることは実証済みですが、この食事量を減らすのが難しいのです。

なぜ食事量を減らすのが難しいのか、それはついお菓子を食べてしてしまうから。

なぜついお菓子を食べてしてしまうのか、それは近所のコンビニなどで簡単に手に入るから。

なぜお店に行ってまでお菓子を買ってしまうのか、それは食欲のせいではなく気分転換としてお菓子を食べたいから。

なぜ気分転換をしたいのか、それはストレスがかかる仕事や出来事が発生したから。

なぜストレスがかかったのか、それは納得はできないが我慢して対処しなければならない案件だったから。

でも、仕事すべてがストレスってことではありません。現に好きな仕事だと平気で2時間くらいPCとにらめっこして没頭しています。逆に苦手な仕事だけど我慢して対応するときなどは、お菓子を食べてから挑んだりしています。プライベートでも同じです。ただ家事をしているだけで「我慢する」ことなんてありませんが、納得できないけれど仕方なく我慢して参加する行事予定などの話題になると途端にお菓子に手が伸びます。

つまり私は「我慢すること」にストレスを感じて、そうなると「お菓子を食べる」ことがわかりました。なので自分が「我慢している」と感じたときにお菓子を食べないでフルーツやヨーグルトなどに置き換えるよう意識して対処していけば改善されると思います。自分の状況と感情を俯瞰して見ることができればうまく行くでしょうね。

よくダイエットするときに「そもそもストレスがあると成功しない」と聞きますがホントその通りです。