消え物語り

49歳でちょい早(ハヤ)リタイア。サタデー毎日。

消え物の定義

2014年から始めたこのブログですが、2020年のコロナをきっかけに棚卸しができましたので定義を更新します。そして今の状況とズレてきた記事は非表示にしました。

このブログの消え物の定義は「家に物を増やさない消費のすべて」とします。そして絶対に守ることは「太らない」こと。となるとこんな感じになりそうです。

  • 服靴(総数は増やさず)
  • 食事
  • 運動
  • 美容
  • 別荘
  • 読書
  • 投資

2020年の見直しで興味からはずれたのは観戦・観劇・映画です。「2時間近く定位置に座る」ことが苦手だと気づきました。

2021年の見直しで興味からはずれたのは鑑賞・音楽・旅行です。犬を飼ったら全く興味がなくなりました。

 

三菱UFJ国際投信blogger meeting 新春放談会に参加しました

1月23日に三菱UFJ国際投信主催のブロガーミーティングが開催されました。開催にあたりリアル参加希望で応募したとことろ当選いたしましたので本社にお邪魔して来ました。前回のファンミーティングのリアル参加当選に続く当選でとっても嬉しいです。しかも今回はなんと開催前の控室でサンドウィッチをいただきました。これが美味しくてボリュームたっぷり。ちょい早リタイアしたわたしにとって久々の外食です、しっかり噛みしめて食べました。また、ノベルティレトルトカレーや重厚カバー付きノート、ペン、かわいいキャラクター「eクマ」のキーホルダーやステッカーなどお土産までいただいて開催前から舞い上がってしまいました。

homeworks-1.com

さて本題です、今回はNISAの新制度について比較表を用いて解説いただきました。わたしの印象に残ったワードを箇条書きで記しますので詳細については著名ブロガーさんの記事を読んでいただければ幸いです。

  • 投資成長枠というワードに注意せよ
  • 非課税となる生涯投資枠1800万円を少ないと言う声があることについて
  • コア・サテライトの考えについて
  • 率より額で考えよう
  • 資産形成層とリタイアメント層の枠の使い方の違いについて(時間切れ)

それにしても今回もあっという間に閉会時間となりました。予定していたテーマを二つ残しての閉会ということでまだまだお話を聴きたい方も多かったと思います。早急に次回開催いただきたいですね。

さて、リアル参加者はその後に懇親会がありました。これがまたありがたいことに登壇者の方からは時間切れで次回持ち越しとなったテーマについて回答いただいたり、運営の方々からは次回・次々回の開催で検討しているテーマを聞けたり、ブロガーさんからは実際に投資されている商品についておしえてもらったりと充実した時間を過ごせました。私のような更新頻度が低く影響力もないブロガーに学びの場を与えていただき感謝です。

 

cameda2015.hatenablog.com

2023年の抱負

2023年の抱負について考えてみましたが「とくになし」となりました。今年は完全リタイア元年ですので新しいアクションは起こさず、例年以上に平和を願いながら、いまの自分の状況に感謝して暮らします。これを抱負と言うのかな。

もしかしたらまたトレーナーにお願いしてもっと関節が柔らかくなるように手伝ってもらうかもしれませんが、これはもう抱負ではなくて健康維持のためのメンテナンスとなりますし。

たっぷりの時間と、数年前の手術以降は安定してきた健康、質素にしていれば継続可能な生活費、友人、夫と犬、あらためて大切にします。

2023年の抱負その前に

今年は完全なリタイアラー元年となりますので抱負もユルめになりそうです。その前にこのブログに記した抱負と達成状況を振り返ってみました。

年    抱負           結果

2016         地域参加         達成

     前屈で床に手がつくように 未達

2017          楽しそうなことを体験する 達成

     前屈で床に手がつくように 未達

2018          減塩           未達

2019          休肝日をつくる      達成

     青汁を飲む        達成

2020         前屈で床に手がつくように 未達

2021          望むものを手に入れる   達成(犬を飼った)

2022          望まないことに対処する  達成(ちょい早リタイアした)

2022臨時 前屈で床に手がつくように 達成(トレーナーについてもらったら即達成)

カラダを柔らかくしたいと長年言いながら本気で取り組んでいないことがわかりますね。その時々で安価なストレッチグッズを買ったりしていましたが結果は出ず。そしていつの時もトレーナーについてもらう手段だって知っていたのです。でもまとまった費用が必要なためスルーしてました。その費用を捻出するなら服を買いたい、美味しいものを食べたい、そもそも仕事が終わらず予約した時間に間に合わなかったら当日キャンセルとなり費用は戻らないのはもったいない、などと言い訳しながら。

ちょい早リタイア記念に覚悟を決めて費用捻出したのは良いタイミングだったのでしょう。達成できて晴々とした気分です。今年から完全なリタイア生活者なので費用がかかるコトは慎重に判断しなければなりませんが、だからと言って安価が良いとも限らないと肝に銘じて納得できる暮らしをしていきたいです。