消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録<断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行>のはずだった記録

お得基準

所用のため出かけたある日、時間潰しのために入った●タ●でラテを買ったらレシートに何やら書かれていました。レシートを持参すると同日中なら2杯目としてラテを216(店内220)円で買えるとのこと、もちろん別店舗可。ラッキー。用事が済んだら家の近所の店舗でテイクアウトして、おうち時間を楽しんじゃおうとウキウキして過ごしました。

さて、家の近くまで戻って来てふと思いました。ラテ216円を家で飲むのって、私にとってどれほどの価値があるのかな。家にはネスプレッソマシーンとカプセル(豆)5種類があります。1カプセルの価格は90円程度です。

2杯目が半額以下で買えるのは確かにお得だけどそもそもわたしが●タ●に行ったのは、出先でのスキマ時間を雰囲気が良いお店で美味しいラテをいただく、その時間と場所と飲食を総合した価値があったわけでその時に500円以上支払うことは惜しくもなく、自宅で飲むコーヒーに216円のテイクアウトはわたしにとってはお得ではない。

ちょっと前のわたしだったらこんなこと考えずにお得情報に飛びついていたのに、我ながらやっと「よく考える」ように成長したと感じた日でした。

ネスプレッソ コーヒーメーカー | コーヒーメーカー - ネスプレッソ