消え物語り

消し込みストが語る消え物活動の記録<断捨離を経てモノ消費からコト消費への移行>のはずだった記録

コロナで趣味の棚卸し

コロナによる趣味とまではいきませんが、好きなことの棚卸しが続いています。飲み歩きはしていませんし、毎月行っていた温泉宿も行けていませんが、それには慣れたというか欲しなくなりました。そしてもうひとつ興味が持てなくなってしまったのがフラメンコのサークル活動です。この手のレッスン用スタジオは大きな声・音楽・ステップによる足音対応のために、防音設備最強で窓のない部屋が多いのです。青空の下でできるものならよいのですが靴を床に打ち付けて音を出す必要があるためそれも難しく、そのあたりを工夫するほどのモチベーションにはならないというのが正直なところです。

こうやって失った楽しみもありますが、逆にぼんやりと昔からやってみたかったことが明確化してきて新たな楽しみも見つかりそうです。

わたしの「趣味探し」はまだまだ続きます。